Flower - 花や樹々 大阪城公園を攻略

今が見頃ー大阪城公園梅林

2月の後半に入り、大阪城公園の梅の花の見頃となりました。大阪城公園では、早咲き、中咲き、遅咲きの品種があり早咲きと中咲きの約155本が見頃となっています。見物に来られている方も多くなってきています。

そんな中、まだ朝の7時台、梅林の中のベンチに、70〜80代の女性の方が、6人くらいでティータイムをもたれていました。その横を通りすぎる、その時、ある方が、「あ〜今日は幸せ!」と言っておられるのを聞いたのです。

誰もがコロナ疲れで、滅入る日々の中、お年寄りはなお一層、外に出てはいけない、じっと家に居なさいと言われているに違いありません。そんな中で、人が多くなる前に早めに来たのだと思います。久しぶりで友人たちと梅の花を見にきて、話に花が咲き、心が開放されたのだと思いました。

そんなか方々を誰が責めることができるでしょうか。彼女たちのささやかな憩いの時間が楽しい時間となることを願うばかりです。

雁木坂

梅林横の坂道を上がりきったところからOBP(大阪ビジネスパーク)を背景に梅林を撮影したもの。見頃にはこの坂の上から撮ろうと決めていましたが、案の定そこには、三脚を据えたお兄さんが一番良いところをキープしていました。

梅林南北の坂道は、江戸時代「雁木坂(がんきざか)」と呼ばれ、長い石段(雁木)だったことから、そう言われたらしい。坂を上がりきったところには雁木坂門があって、横には通行を監視するための番所があったそうです。現在は、盛土によって坂の勾配はゆるやかになっていますが、明治維新後の陸軍管轄時にはダラダラ坂とも呼ばれたらしい。

朝、8時すぎくらいからメジロがやってきて、多くのカメラマンが必死に撮影していました(私もその一人)。メジロはちっちゃくて、動きが早いですが、人は警戒していなくて、近くまできてくれるのがいいのですね。

皆さんも是非メジロの撮影にチャレンジしてくださいね。

メモ

写真 EOS 6DmarkⅡ EF-50mm , EF70-200mm  ISO感度200  絞り優先オートで撮影

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-Flower - 花や樹々, 大阪城公園を攻略