撮影スポット

造幣局桜の通り抜け

今年はコロナウイルスの影響により中止となりました。残念ですが来年まで待ちましょう。(外からでも少しは見ることができます)

大阪北区の造幣局では、毎年4月中旬頃の7日間桜の一般公開が行われます。「通り抜け」とは大川沿いに続く構内に植えられた桜を見ながら一方通行で通り抜けることから定着し、毎年約70万の入場者でにぎわいます。

日本さくら名所100選に選ばれており、コデマリ、カンザン、フゲンソウ、ショウゲツ、ヨウキヒ等、134品種338本の桜を楽しむことができ、校外の大川沿いにはたくさんの屋台が並び、カラフルな風景を楽しむこともできます。

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-撮影スポット