撮影スポット

鶴見緑地公園のアジサイを撮影ー2021年ー大阪市内最大級のアジサイ園

見頃大阪市内でアジサイといえば、約1万株の長居植物園がありますが、今年は緊急事態宣言中で休館しています。となると鶴見緑地公園「花の谷」ではないでしょうか。

 

長居植物園がやっと再開ー長居植物園のアジサイが見頃2021年

やはり、大阪市内でアジサイ園と言えば、長居植物園ではないでしょうか。緊急事態宣言でしばらく閉館していたのですが、6月21日、緊急事態宣言解除となり、やっと再開し ...

続きを見る

 

鶴見緑地公園「花の谷」のアジサイ

 

この鶴見緑地公園の「花の谷」は大阪メトロ鶴見緑地駅から最も近い距離にあります。「花の谷」は周りが木でおおわれている小さな森という感じで、その中、青やピンク、様々な色のアジサイ約7500株があるそうです。6月11日撮影時点では丁度見頃から見頃すぎという感じでした。

 

 

「ガクアジサイ」は少し枯れかけているものもありましたが、「ホンアジサイ」や「西洋アジサイ」は綺麗な姿をとどめています。

アジサイの原産国は日本で、日本の「ガクアジサイ」から様々な品種に広がっていき現在は、2000種類をこえるとも言われているそうです。

 

 

ただ単に道の両脇にアジサイがあるだけではなく、小さな丘に登る道もあり、工夫が凝らされています。

 

 

ダンスパーティーでしょうか?名前の通り、華やかで優雅なアジサイで、ガクアジサイとアメリカのアジサイと掛け合わせて作られたものだそうです。

 

緑のせせらぎ

 

 

花博記念鶴見緑地公園は約123haという広さがあり、その中でも様々な施設があります。「花の谷」から少し離れたところ、バーベキュー広場をこえたところに「緑のせせらぎ」があり、ここにもアジサイが植えられています。

 

 

小さな川が流れる「緑のせせらぎ」の両脇に様々なアジサイが咲いており、毎年この川にゲンジホタルの幼虫を放流して5月下旬から6月中旬には光輝くホタルの姿が見られるようです。

 

 

風車の丘までの登り道

 

また数は少ないですが、「風車の丘」までの坂道片側にも色んな種類のアジサイが植えられており、坂道を登りながらアジサイを撮影することができます。

 

 

縁どりがある「チボリ」という品種でしょうか?白い縁取りがとても愛らしいです。

 

 

アジサイの花言葉は、「移り気」「浮気」「無常」とあまりよくない言葉ですが、花の色が変化することからつけられたようです。また、色ごとの花言葉もあり、青色のアジサイは「辛抱強い愛情」、ピンクは「元気な女性」、白は「寛容」だそうです。

今年もコロナの影響で、見逃してしまいそうなアジサイ。緊急事態宣言中ですが、駅からすぐのこの鶴見緑地公園で紫陽花を写真に撮りに出かけてみてはいかかでしょうか。今ならまだ間に合います。

メモ

EOS Kiss X8i EF-S18-55mm  EF50mmF1.8  プログラムオート、絞り優先F2オートで撮影

 

大阪城公園あじさい園のアジサイが見頃ですー2021年6月上旬

梅雨入りが、記録的に早かった今年2021年、雨が似合う花として人気が高いアジサイが大阪城公園でも見頃を迎えました。       大 ...

続きを見る

 

ポップコーンのようなアジサイーオタフクアジサイー雨に似合う紫陽花

今年の梅雨入りは例年よりずっと早く、四国と近畿では統計史上最も早かったそうです。雨は恵の雨と言われますが、それでもあまり写真を撮るものとしては嫌なもの。傘をさし ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-撮影スポット