Flower - 花や樹々 写真雑記

雨の日でも撮影のススメ!ー 緊急事態や梅雨でもカメラを持って

今、緊急事態宣言でどこにも行けず、また梅雨に入り、ますます写真が撮れないという方にオススメなのが、公園等の近場での花の撮影です。

 

雨の中で花を撮影

 

雨の日は外に出るのが、おっくうになってしまいます。ましてカメラを持って出かけるというのも面倒です。しかしこんな時こそ、普段撮れない写真が撮れるチャンスです。近場の公園や街中でもカメラを持って散歩に出かけてみましょう。

 

 

かわいい小さな花をたくさんつける、ランタナの花。繁殖力が強すぎるため、最近どこにでも見られるようになり、侵略的外来種ワースト100に選ばれているそうです。

 

雨の雫が、きれいでした。

 

大阪は水都大阪というだけあって、川がたくさんあります。大阪東住吉区の今川沿いに咲いていたキンシバイ。名前の由来は、長い雄しべを金糸のようで、花の形が梅に似ているからだそうです。

 

花が雨に濡れていい感じになりました。

 

ヨーロッパでは畑地に害を与えると言われているヨーロッパ原産のムギセンノウ。花は美しく、日本では園芸用としてアグロステンマと呼ばれているそうです。

 

確かにカメラが雨濡れて、故障してしまうのではないかと心配ですね。でも傘をさしながら、片手で傘を持ち、片手と顔でしっかりとおさえれば、大丈夫です。また単レンズの明るいレンズを使い、開放側で撮影すれば、シャッタースピードも上がりブレも少なくなります。もし心配ならISO感度を400や800に上げておきましょう。

カメラは意外と丈夫なので、少々濡れても大丈夫です。濡れたらその時はハンカチでさっと拭きましょう。

 

雨宿りをしている、仲良しの鳩を撮影。

きっと雨でなければ撮れない景色が、撮れるかもしれません。

メモ

全ての写真、大阪東住吉区今川堤公園にて撮影  EOS Kiss X8i +EF50mmF1.8  ISOオート 絞り優先F2オートで撮影

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-Flower - 花や樹々, 写真雑記