撮影スポット 猫のいる公園

猫を捨てないでー大阪市の捨て犬・猫の取り組み

実は、この「初心者のための写真講座」でよく読まれているのは、写真講座の次に、思いもよらず、公園の猫たちのページなのです。

それだけ猫ブームなのでしょうか?猫の写真を撮りたいと思っている方や、捨て猫のことを心配している方等、たくさんの方が、見に来てくださっています。ありがとうございます。

しかし、長居公園の猫たちでもお伝えしましたが、猫ちゃんたちのお世話をされている方から、猫たちに対する虐待等が多く、猫ちゃんたちの居場所を教えないでくださいとの強い要望があり、公園の猫たちシリーズを削除することとなりました。

大阪市の捨て犬・猫の取り組み

EF50mm F1.8 USM F1.8 開放で撮影

 

今回は、この猫たちに対する大阪市の取り組みについて調べてみました。動物が好き、猫好きな方なら関心があると思いますが、大阪市では犬・猫の殺処分はまだ行われているようです。大阪市のHPでは少し古いデータが公開されていますが、平成元年は9,631匹、平成31年は524匹と減っていることが強調されています。しかし政令指定都市の平均と比べるとまだ多いことも公表されています。

 

EF50mm F1.8 USM F1.8 開放で撮影

 

しかし大阪市は、今年の4月16日にHPで、‘’2025年までに「犬猫の理由なき殺処分ゼロ」にする行動計画を策定‘’を発表しています。

2025年までとは言わず、一日でも早く、殺処分されることがない日が来ることを願わざるを得ません。

 

 

そして今、コロナの影響で、動物を飼うことができないことになった方もおられるのではないでしょうか?そのような方の相談も受け付けているようですので、大阪市のHPで、「おおさかワンニャンセンター(大阪市動物管理センター)」まで問い合わせたり、また大阪府では‘’飼えなくなった動物を、新たな飼い主へと「つなぐ」マッチングサイト‘’「アニマルハーモニー大阪」(羽曳野)でも相談を受け付けているようです。

 

また、おおさかワンニャンセンターでは、「正しい犬猫の飼い方教室」や迷い犬・猫の情報、譲渡対象犬・猫情報もあったり、アニマルハーモニーはHPがあり、‘’犬をさがす‘’ ‘’猫をさがす‘’という項目から写真付きの紹介があります。

手放そうかと悩んでいる方も、飼いたいと思っている方も一度、ご覧になってください。

地域猫(さくらネコ)や近所のネコを撮影

目次1 猫を撮影1.0.1 ある事件が1.1 猫に優しく声をかけながら、50mmレンズのボケをいかして撮影1.2 望遠レンズ(ズーム)で撮影 猫を撮影 &nbs ...

続きを見る

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-撮影スポット, 猫のいる公園