Flower - 花や樹々 撮影スポット

ハスの花を撮影ー毛馬桜ノ宮公園ひょうたん池ー2021年もうすぐ見頃

 

大川沿いの毛馬桜ノ宮公園といえば桜並木が有名ですが、ちょうど藤田邸跡公園の横にある、ひょうたん池と呼ばれる小さな池にハス(蓮)があるのをご存知でしょうか。

 

ひょうたん池の蓮の花がもうすぐ見頃

2019年撮影

 

蓮の花が咲くのは、だいたい7月頃ですが、今年は梅雨入りも早く、花の多くが例年より早く咲き始めているので、ひょうたん池の蓮はどうだろうかと思い、行って見ました。

 

 

今年の今の状態は、まだ蕾が膨らみきっていないので、花の咲き始めは、あと1週間という感じでしょうか?

 

 

蓮はハス科多年草の水生植物で、原産地インドから世界中に広まっており、蓮といえば仏教というイメージを超えて、多くの人々に愛されています。

 

蓮の花は早朝に咲き始め、午後には閉じてしまいます。ですから午前中しかチャンスがありません。4日間開閉を繰り返しますが、4日目は開ききった状態で、そのまま花びらを落とすようです。そのため綺麗な花姿を撮影するには1日目か2日目がベストではないでしょうか。

 

 

蓮の花の色は、ピンクとクリーム、白色のみで、紫や青の花は睡蓮の花です。

蓮と睡蓮の違いは葉に切れ込みがあるのが睡蓮で、花が水面より上に咲くのが蓮で、水面に咲くのが睡蓮です。

花言葉は、「清らかな心」「神聖」「雄弁」「沈着」「休養」などで、「休養」は、朝に咲いた花が、昼には閉じてしまうことからのようです。

 

 

また、このひょうたん池にはサギが来ていることが、多いのでサギの撮影にもオススメの池です。朝早くに来ると太陽の光が斜光なので、綺麗な写真が撮れるはずです。

アクセスは、JR東西線『大阪城北詰』駅から徒歩1分と最も近くて便利です。

 

メモ

EOS M5 EF-M15-45mm  EOS Kiss X8i EF-S18-55mm にてプログラムオートで撮影

 

身近な鳥を撮影しましょうーサギが撮影できる公園ー鶴見緑地公園

私たちの身近な鳥といえば、鳩やスズメ、そしてカラスがあげられますが、川や池が多いところでは、「サギ」も多いのではないかと思います。 目次1 サギが近くで撮影でき ...

続きを見る

 

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-Flower - 花や樹々, 撮影スポット