写真講座(基本) 初心者向け写真講座

写真講座 2(基本) 絞り ー 背景をぼかす、合わせる

絞り

目の悪い人が、目を細めてピントを合わせるように、レンズにも光の量を調整するために何枚もの羽根があります。その羽根を動かして、光が入る穴の大きさを決めます。それを絞りと言います。

レンズの光を通す穴の大きさを絞りと言います!

 

F 値(レンズの穴の大きさ)

絞りの大きさを表したものを F値と言います

F2.8 F4 F5.6 F8 F11 F16  F22 ‥‥

と決められています。

またカメラで表示される数字は F4.0   F4.5    F5.0   F5.6 と F4.0 とF5.6の間にも数字がありますが、この数字はF4.0 とF5.6の間の絞りで、昔は1/3 とか2/3と言っていて、F4.0 とF5.6の間の1/3刻みの数字(絞り)です。

F4.5やF5.0はF4.0とF5.6の間の絞りのことなのね!

 

絞りって、レンズの羽根でできる穴の大きさのことなのね

 

開放F値(レンズの穴が一番開いた状態)

EF-M 18-55mm F3.5-5.6 IS STM レンズ使用

左の写真にあるように、数学が大きくなればなるほど、絞りの穴は小さくなり、ピントが合う範囲が広がりますが、光の量は減ってきます。

ほんと!絞りの数字が小さい方が綺麗にボケているわ!

また右の写真にあるように、数字が小さくなればなるほど、ピントの合う範囲が狭くなって、背景がボケてきます。後ろが綺麗にボケている写真は数字の小さなF値を選んでいるからです。またそのレンズの穴の一番大きなF値がレンズに表記されています。

 

ズームレンズの違い

ズームレンズにはF値がF4のように表記されているF値が固定のものと、F3.5−5.6のように表記されているF値が可変するものがあります。

可変F値は前の数字の小さい方が広角側の開放F値で、後ろの数字の方が望遠側の開放値となります。固定F値の望遠レンズは高品質なもので、焦点距離によってF値が変わることはありません。

広角側と望遠側で、絞りの開放値が違うのね!

 

被写界深度ーピントの合う範囲

ぼかして撮りたい時は開放F値で

絞りを開けるとピントの合う範囲が短くなる。

絞りを絞るとピントの合う範囲が長くなる。

被写界深度ってピントの合う範囲のことなのね!

ピント合わせた所の前よりも後ろの方がピントが合う範囲が長い

 

絞りを絞る、開ける

・絞りを絞る → レンズのF値を大きくする
(穴を小さくすること)

・絞りを開ける → レンズのF値を小さくする
(穴を大きくすること)

絞りを開けるとは、絞りの穴を大きくすることで、絞りを絞るとは絞りの穴を小さくすることなのね!

・開放 → レンズの絞りF値の一番小さい値のこと
(レンズによって最小値は変わります。)

開放ってレンズの穴が一番大きいことなのね!

絞りはボケ具合に大きく影響してきますが、広角側と望遠側でも大きく違ってきます。

広角レンズはあまりボケない(15mm等)
それじゃ、望遠レンズは、よくボケるのね!

 

絞り優先オート(Av. A)

ボケを生かした写真と撮ろうと思ってもカメラまかせのフルオートでは、思い通りには撮れません。絞りを自分で決めて、シャッタースピードをカメラまかせにするオートがあります。

絞り優先オートは、絞りのことが理解できるようになるので、初心者の方にオススメ
  • Av (絞り優先オート) →キャノン・ペンタックス
  • A (     〃  )→ニコン・ソニー・オリンパス・パナソニック
AvとA、メーカーによって言い方が違うのね!

※ 絞り優先オートは絞りに合わせて、シャッタースピードとISO(感度)を合わせくれる。

カメラのモードダイヤルまたはモニターをAv または A に合わせ、絞り数値を選ぶ

  • 背景をぼかしたい時は、数値の小さい方を
  • 背景までピントを合わせたい時は、数字の大きい方を
背景をぼかしたい時は小さい数字の絞りを選べばいいのね!

 

まとめ

数字の小さい F2. F2.8. F4...の方が光をたくさん取り込め、背景がよくボケます。また数字の大きい F11. F16. F22...の方は光を取り込める量が少なくなり、背景にピントが合うようになります。

レンズの焦点距離(50mm. 100mm...)によってもボケかたが変わってきます。広角レンズは背景にピントが合いやすく、望遠レンズは背景にピントが合いません。

写真の最大の魅力は背景のボケーカメラ・写真初心者必見

目次1 ボケ本来の役割(絞りの効果)1.1 背景をぼかすための条件1.2 レンズによってボケ方が違う1.3 暗いレンズ(標準ズーム等)でぼかすには ボケ本来の役 ...

続きを見る

 

単レンズの玉ボケ効果ーキヤノンEF50mmF1.8レンズでバラを撮る

カメラを買って、標準ズームで撮影して、写真のことがわかってくると、もっと背景をぼかした写真が撮りたいと思うようになってきます。その時についつい安くていいレンズが ...

続きを見る

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-写真講座(基本), 初心者向け写真講座