Flower - 花や樹々 写真雑記

海を渡ってきた花?ーニホンズイセン(日本水仙)ー冬の花

地中海沿岸の花ーニホンズイセン

冬はめっきり草木が枯れてしまって、寂しい季節。そんな寒い中にあっても公園の片隅で綺麗な花を咲かせるニホンズイセン(日本水仙)。日本と名前がついているので日本原産かと思いきや、地中海沿岸原産の花であるそうです。どのようにして日本に来たのかは謎のようで、いくつか説があるようです。

 

 

興味深い説は、「海流漂流説」で、日本沿岸の海辺近くの山地等に野生状態で分布していることから、球根が海に乗って運ばれたということです。球根は数年放置されても枯死しないようです。

一般的には、地中海沿岸からシルクロードを通って中国に来たものが、室町時代に日本に来たのというのです。

 

 

以外なのは水仙は彼岸花科であるようで、毒があり、口にすると強い中毒症状が出るようです。ただ触れても大丈夫のようで、あまり恐れることはないそうです。

 

 

ニホンズイセンの花言葉は、「自己愛」「うぬぼれ」などで、誕生花は、12月30日、1月2日、1月3日です。

別名は「雪中花(せっちゅうか)」。寒い花に咲く日本水仙、公園の片隅にひっそり咲いているかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の記事

1

実際よりも明るくしたり、暗くしたりしてイメージを作りだす時に用いる手法のことで、単に露出オーバーやアンダーとは違う意図的な手法のこと言います。   長 ...

2

この写真講座では、初心者の方にAPS-Cサイズのミラーレスカメラを推薦していますが、しかし最近のフルサイズミラーレスの状況も変化していますので、フルサイズミラー ...

3

猫ブームの中に隠れた闇 最近は猫ブームだと言われていて、インスタグラムでもよく猫の写真を見かけます。そしてコロナの影響で、自宅にいることが多くなったせいか、癒し ...

4

光のあるところに必ず影があります。その光と影の影を強調し、影絵のように被写体をシルエットに撮影するテクニックです。 朝陽や夕陽をバックにする 朝陽や夕陽は人の心 ...

5

カメラのレンズは人間の目の虹彩が光の量を調整しているように、光の量を調整しているんです。   視力の悪い人が目を細めてピントを合わせているのと同じね! ...

-Flower - 花や樹々, 写真雑記